同居人はひざ、時々、頭のうえ【漫画】1巻ネタバレ!あらすじ内容や感想も

スポンサーリンク

マンガ『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
1巻のネタバレ!あらすじ内容や感想が
気になる!(^^)!

アロハ☆管理人トマト~です(^^)/♪

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
の画がなんだか癒し系で好きだったので、
このマンガ面白いのかなぁ~!?

猫との生活の物語なんて、
面白くなさそう・・・。
でも、ツタヤレンタルのコミック
ランキングにランクインしてるし・・。

と、どうかなぁ~!?
面白いのかなぁ?
それとも面白くない??

半信半疑でレンタルして読んでみた
猫との物語のこの漫画。

『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』

さてさて、トマト~が実際に読んでみた
感想はどうだったのでしょう!?
面白い?それともつまらない??

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
1巻のネタバレ!あらすじ内容や感想を
トマト~が皆様にご紹介(*^^)v

スポンサーリンク


同居人はひざ、時々、頭のうえ【漫画】1巻の感想

マンガ『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
1巻を読んでみた感想は!?

正直、猫との物語の漫画なんて
つまらなさそう。
でも、コミックランキングに入ってるし、
とりあえずレンタルして読んでみるか。

画は癒し系の画で好きだしな。

そんな半信半疑の気持ちで手にとった
この漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』

猫との物語。

トマト~は猫が嫌いってわけじゃなく、
猫飼ってたし、猫は好き。

でも猫の物語ってなると、
今まで読んだことないし、
どんなあらすじの内容かも分からない
から、面白いのかどうか分かりません
でした。

むしろつまらないかも
と思ってました(^^;)

そしたらですね、なんと、
自分でもビックリ!!!

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
の1巻、すごく面白かった!ほんとに。

トマト~が
漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
の1巻を読んでみた感想は、
一言で言ったら、すごく癒されたし、
感動した!

1巻の最後、泣けた。

もともと涙もろいトマト~だけど、
漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
の1巻を読んで、涙が出てきた。

猫と人間の内容の物語で、
不覚にも泣けるなんて露程にも
思ってなかったのに。

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
に出てくるネコのキャラも面白いし、
主人公のキャラも独特で面白い。

とりあえず!
読んでみたら分かる面白さ。
正直はまります。
それも心がホッとなって癒される漫画。

スポンサーリンク

同居人はひざ、時々、頭のうえ【漫画】1巻ネタバレ!あらすじの内容

マンガ『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』
1巻ネタバレ!あらすじ内容は??

ネコと主人公である人間の物語。

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』
1巻の気になる!
ネタバレとあらすじの内容を
皆様にご紹介(*´▽`*)

本だけが大好きな
主人公朏素晴(みかづきすばる)。

外に出ることはほとんどなく、
家に引きこもってばかり。

素晴の仕事は作家。

この世は煩わしいことばかり。
いっそ無人島で本に埋もれて
生活したいと思っている素晴

両親の墓参りで両親が大好きだった
お刺身を供え物であげたところ、
ネコが突然そのお供え物をパクリ。
モグモグ。

その光景を見た素晴はビックリ!!!

心なしか亡くなったお母さんに
口元が似てるーーー。

新作ミステリーのネタをちょうど
考えていた素晴のイメージに
このネコちゃんが大ヒット!!!

人とも動物とも誰とも接しない、
心が冷え切っている素晴の元に
やってきたこのねこ。

ネタがやってきたーーーー!!!

まさかのこの野良猫を
家に連れて帰った素晴

それからこの一人の人間、素晴
一匹のネコの物語が始まる。

この拾ってきたネコをネタに
ミステリー小説を書く素晴

本を書く時、いつも没頭し過ぎて
食べるのも寝るのも忘れてしまう
素晴

その素晴の元にカタカタと
ネコの餌がいつも運ばれる。

その出来事を不思議に思う素晴

そして、ついにネコの皿ごと
ネコの餌が素晴の前にやってきた!

なんだこれは!!!
と混乱する素晴
その後、あまりの空腹と睡眠不足で
その場に倒れてしまう

素晴が目覚めると、
編集者の河瀬さんがいる。
心配して来てみたら、倒れてたので
ガラスを割って入ってきたとのこと。

『そうだ原稿!』とあせる素晴

そこで編集者の河瀬さんが、
「ラストはこのメモ通りで
いいんですか!?」と尋ねる。

いつの間に書いたんだ?
そんなちから・・・。

と、そこに空になったネコの皿が
あった。

ガーーーーーーン!!!
食べた・・・のか・・・?
とショックを受ける素晴

いくら偶然目の前に餌があった
からって・・・。

そこでハッと気づく素晴

でも本当に・・、
偶然なんだろうか、
もしかしたら僕のために・・!?

そこで編集者に尋ねる。

『ところで・・、その
何度も自分の食べ物を持ってきて
くれる理由ってなんだと思いますか?』

編集者は彼女だと勘違いして
答える。

「それは・・、
朏くんを心配してくれてるって
ことじゃないですか?
なにより気になるなら、
ちゃんと本人に聞いてみたほうが
いいと思うな。

想像だけじゃ、
辿りつけない答えもありますよ。」

その言葉を聞いた後、
餌を足してあげようとした素晴

そしたらよだれをたくさん垂らして、
ガツガツ食べるネコ。

お前、そんなに腹減ってるくせして・・、
どうして僕に・・っ。

想像だけじゃ辿りつけない真実は
一体どんなものだろう。

新しい世界の扉が少しだけ
開いた気がした素晴

この出来事をネコの立場から
みたバージョンの裏側の物語も。

これはマンガ
『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』
1巻のほんの一部♪

マンガ
『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』
1巻の詳細をもっと知りたいという方
は!ぜひ1巻を購入して読んでみて
下さいね(^^)/♪

スポンサーリンク