同居人はひざ、時々、頭のうえ【漫画】2巻ネタバレ!あらすじ内容と感想も

スポンサーリンク

マンガ『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
2巻ネタバレ!あらすじの内容
と感想も気になる!

アロハ☆管理人トマト~です(^^)/♪

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
は人や生き物と全く無縁で、
どちらかといったらその接点を
避けている作家で引きこもりの主人公!
朏素晴(みかづき・すばる)。

主人公素晴は、23歳で
好きな場所は家、書斎、図書館などの
基本的に本があって、他人に煩わされない
静かな場所が大好き。

趣味は読書で、子供の頃から
本ばかり読んでいる素晴。

素晴の苦手なものは、
人付き合いと虫。

人と話すのは苦手で、
極力外に出ないようにしてる。

そんな引きこもりで誰とも
接しない心が冷めている素晴の元に
野良猫がやってくる。

この野良猫を素晴が書く作品の
ネタにする為、生き物と接しない
主人公の素晴が家に連れて帰る。

それから主人公素晴
野良猫の陽(ハル)の物語が
始まる。

スポンサーリンク


同居人はひざ、時々、頭のうえ【漫画】2巻ネタバレ!あらすじ内容と感想も

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
2巻のネタバレ!あらすじの内容と
感想も気になる!

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』の
2巻をトマト~が読んでみた感想は!

とっても癒されたーーーーー!
それと主人公素晴と陽(ハル)の
二人の絆が少しずつ寄り添って
いくのを感じれて、
なんだか素晴の気持ちになって
安心してる自分。

また、ネコの陽(ハル)の立場から
見たバージョンの話が面白いし、
感動するし。

この1人の人間と一匹のネコが
紡ぐストーリーがどちらからの
立場からも見れて面白い!

主人公の素晴がネコのハルと
同居することになったおかげで、
人間らしさを取り戻していく素晴。

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
2巻を読んでみて、
また続きがすぐに読みたくなる。

癒し系のマンガです(*´▽`*)

それでは♪気になる!
漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
2巻のネタバレ!あらすじの内容は??

素晴の家に勝手に上がり込んで、
冷蔵庫にあったソーセージを勝手に
もぐもぐ食べている大翔(ひろと)
と素晴が呼ぶ人物。

この大翔は一体誰なのか!?

もしや素晴に弟がいた!?
と思いきや、幼い頃からの腐れ縁。
いわゆる幼馴染。

素晴の家から3軒となりが
大翔の実家。

元サッカー部のスポーツマン。

編集者が
『あれ?ところでハルちゃんは・・。』

と素晴に尋ねるのを見た大翔が
『なになにお前の彼女?』と尋ねる。

素晴が『違うよ。猫だよ。ちょっと前に
拾ったんだ。』と答える。

それを聞いた大翔がビックリして、
『素晴がネコ!?
ばかみたいに本にしか興味のない
お前が!?猫!?』と超ビックリ!!!

その後、家出した野良猫の
ハルを皆で捜索。

もし、両親と同じようにハルが
事故にあったらとふと心によぎる素晴。

ハルの事がとてつもなく心配になった
その時!ふと自分の家の庭を覗くと、
自分の部屋をじっと見つめているハル
を発見!!!!!

泣きそうになりながら、
『お前、よくもしれっと・・・、
帰っ・・・、
・・・おかえり・・・。』

とくしゃくしゃの笑みでハルに
微笑む素晴。

そして猫の裏側からも見た
切ないけど、感動のバージョンも!

漫画『同居人はひざ、時々、頭のうえ』
の2巻のネタバレ!あらすじの内容は
ほんの一部ですが(*´▽`*)

2巻をもっと読んでみたいと
いう方はこちらの電子書籍で
読むことができますよ♪

スポンサーリンク