プッチダモン(カタルーニャ州首相)経歴や大学と政党は?年齢や出身も

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク

プチデモン(カタルーニャ州首相)
経歴や大学と政党は?年齢や出身!

 

カタルーニャ自治州の独立問題で
話題になっているプッチダモン
カタルーニャ州首相について
ご紹介♪

 

スペイン北東部にあるカタルーニャ州。
このカタルーニャ州で独立国家賛成か
反対かの住民投票が行われた。

 

この住民投票により、
カタルーニャ州の独立に賛成派が
多数をしめた。

 

日本でいったら、
北海道の国家独立宣言!
のようなものでしょうか(;^ω^)

 

このカタルーニャ州の独立を
先導している人物。
プッチダモン(カタルーニャ州首相)
とはどんな人物??

 

プッチダモン(カタルーニャ州首相)大学や政党!年齢や出身

 

カタルーニャ州首相の年齢や出身!
大学や政党も気になる?

 

プッチダモン(カタルーニャ州首相)

 

正式名称 カルラス・プッチダモン
        ・イ・カザマジョー

年齢     54歳

出身     ジローナ県のアメール出身

大学     ジローナ大学中退

政党     カタルーニャ民主集中

 

プッチダモンの正式名称長いですね~。
どれが姓でどれが名前だか
聞いただけでは分からないですね(゚Д゚;)

 

プッチダモン(カタルーニャ州首相)の政党
はカタルーニャ民主集中。

 

カタルーニャ独立主義と
自由主義を掲げる
スペインカタルーニャ州の政党です。

 

プッチダモン(カタルーニャ州首相)は
ジローナ大学でカタルーニャ語学を
学んでいたが、ジャーナリスト活動に
専念する為、大学を辞めている。

 

プッチダモン(カタルーニャ州首相)の経歴

 

プッチダモン(カタルーニャ州首相)の
皆の気になる経歴は??

 

プッチダモンカタルーニャ州首相は
ジャーナリストになることを目指しながら
人生を歩んでいた。

スポンサーリンク

 

大学を中退してからは
アル・プンやプラセンシア誌で
ジャーナリストとして勤務。

 

プッチダモンカタルーニャ州首相が
カタルーニャ州に没頭した最初の
理由は、

1979年に行われた
UEFAカップウィナーズカップで
サッカーチームのFCバロセロナが
優勝したことがきっかけ。

 

そのことがきっかけとなり、
カタルーニャ州の為に働こうと思った
とのこと。

 

ちょっと信じられないですが(笑)
きっかけは思いがけないところで
あるものなんですね~!

 

そしてジャーナリストとして働き、
1999年にカタルーニャ州政府に委託され、
アジェンシア・カタラナ・デ・
ノティシエス(ACN)社を設立。

 

『外国メディアが見たカタルーニャ』
(1994年)に本も出版している。

 

2006年にジャーナリズムの世界を離れ、
カタルーニャ州議会議員として
政治活動に専念。

 

1980年にはカタルーニャの独立目標
を掲げた。

 

2006年にカタルーニャ州議会議員に。

 

2011年にジローナ市議会議員選挙に
念願の2度目の出馬で初当選した。

 

2006年、2010年、2012年、2015年
とカタルーニャ州議会議員選挙に当選。

 

そしてついに2016年1月9日に
プッチダモンが第130代
カタルーニャ州首相に選出された。

 

首相指名前演説で、
プッチダモンカタルーニャ州首相は
独立国家建国について述べている。

 

18か月でカタルーニャ共和国を建国し、
カタルーニャ州が独立したら、
独自の憲法制定・中央銀行の創設・
徴税機能の拡充・安全保障・
防衛メカニズムの整備をしていくことを宣言。

 

2017年プッチダモン州首相は
独立国家についての住民投票行った。

 

賛成多数となった場合、
48時間以内に独立を宣言すると発表。

 

住民投票の結果は反対派が
棄権したこともあって
投票率は4割にとどまった。

 

しかし、賛成が9割を超えたことで
プッチダモン州首相はカタルーニャ州の
独立を宣言した。

 

プッチダモンカタルーニャ州首相、
ずっと前からカタルーニャ州の独立を
目指していたんですね!

 

でも、独立宣言をするには
ちょっと強引に推し進めてる気も
します(;^ω^)

 

今後のカタルーニャ州の独立が
どうなるか、注目どころですね!

Top photo from www.sankei.com

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

プロフィール

皆さん、こんにちは。

人が喜んでくれるのに喜びを感じる

『トマト~』です。

皆にとって役に立つ、おもしろい、楽しい、そして喜んでもらえるをテーマに情報発信していきますのでよろしくお願いします♪