アレクサンダーズベレフのテニスランキングや実力!実績とコーチは?

スポンサーリンク

アレクサンダーズベレフの
テニスランキングや実力!
実績や成績!コーチは??

28日から開幕したテニス全米オープン。
今回の全米オープンには
ノバクジョコビッチ選手や錦織圭選手等
トップ選手の欠場が多く見られる。

今回の全米オープンの優勝候補は
全豪とウィンブルドンを制した
ロジャーフェデラー。

フェデラー選手以外で優勝候補
に挙がっている人物。

今最も勢いがあるドイツの
アレクサンダーズベレフ選手。

このアレクサンダーズベレフ
選手について紹介したい。

アレクサンダーズベレフのテニスランキング

alexanderzverev

Photo from news.tennis365.net

アレクサンダーズベレフ選手はドイツの
ハンブルク出身のプロテニス選手。

現在、20歳で身長198cm
体重86kgの大柄な体格。

右利きでバックハンドは
両手打ち。

兄であるミーシャズベレフも
プロテニス選手であり、
兄弟で活躍している。

アレクサンダーズベレフ選手の
テニスランキングは??

シングルス6位
ダブルス89位

アレクサンダーズベレフの兄
ミーシャズベレフ(30)の
テニスランキングも!

ミーシャズベレフのテニスランキング

シングルスで25位
ダブルスで44位
である。

アレクサンダーズベレフの実績や成績の実力

alexanderzverev

Photo from news.tennis365.net

アレクサンダーズベレフの成績

アレクサンダーズベレフ選手の
シングルス4大大会の最高成績は??

2016年全米オープン(2回戦)

2016年全仏オープン(3回戦)

2017年全英オープン(4回戦)

2017年全豪オープン(3回戦)

アレクサンダーズベレフ選手の
ダブルスの4大大会の最高成績
2016年全仏オープン(1回戦)

アレクサンダーズベレフの実績や実力

アレクサンダーズベレフ選手の実績
実力は??

アレクサンダーズベレフ選手は2013年
全仏男子ジュニアシングルス準優勝。

2014年全豪オープンの
男子ジュニアシングルス優勝。

2014年のチャレンジャー大会優勝。
同年のドイツ国際オープンでは
ツアー初の準決勝進出を決めたが、
準決勝にて敗退。

2015年マイアミオープンの予選を
通過し、マスターズ初出場。
2回戦まで進出した。

同年BMWオープンダブルスで兄の
ミーシャズベレフ選手と組み、
ツアー初の決勝進出を果たしたが
準優勝に終わった。

スポンサーリンク

アレクサンダーズベレフ選手は
2015年チャレンジャー大会にて優勝。
世界ランキングトップ100入りを
果たす。

ウィンブルドン選手権で
グランドスラムに初出場したが、
2回線で敗退。

スウェーデンオープンでは
ツアー2度目の準決勝進出。

2016年、アレクサンダーズベレフは
ホップマンカップに出場。2勝を挙げた。

同年南フランスオープンで準決勝へ進出。
またダブルスでは兄ミーシャズベレフ選手
と組み、ツアー2度目の準優勝。

BNPパリバオープンでは、
マスターズ初の4回戦進出。
またニースオープンでは準優勝。

全仏オープンでは3回戦まで進出。
ゲリーウェバーオープンでは準優勝を
果たす。そして、ウィンブルドンでは
3回戦まで進出した。

サンクトペテルブルクオープンで
ATPツアー初優勝。

2017年、アレクサンダーズベレフ
選手はホップマンカップのスイス戦で
ロジャー・フェデラー選手に勝利。

全豪オープンでは3回戦で
4時間を超える激闘の末、敗退した。

デビスカップ対ベルギー戦では
兄のミーシャズベレフ選手と
ドイツ代表として
ダブルスを組んで出場したが敗退。

南フランスオープンのシングルス決勝
ではリシャールガスケを破り、
ツアー2勝目をあげた。
ダブルスでは兄ミーシャズベルフ選手
と組み、ダブルス初優勝。

BNLイタリア国際では
マスターズ初優勝。

しかし全仏オープンは1回戦で敗退。
ウィンブルドンで初めて4回戦まで進出。
ロジャーズカップ決勝で勝利し、
マスターズ1000で2勝目を挙げた。

上記のような実績と実力を
持っているアレクサンダーズベレフ選手。

今回の全米オープンでは
アレクサンダーズベレフ選手が
どのような実力を発揮し、
いかに実績を上げるかが楽しみである。

アレクサンダーズベレフのコーチ

alexanderzverevcoach

J・C・フェレーロ(Juan Carlos Ferrero)    Photo from biographywiki.org

アレクサンダーズベレフ選手は
自身のコーチ
2017年7月に発表。

元世界ランク1位スペインの

 J・C・フェレーロ
(Juan Carlos Ferrero)

がアレクサンダーズベレフ選手のコーチとして
迎えられた。

37歳のフェレーロは現役時代、
16大会でタイトルを獲得。

2003年の全仏オープン
(フランス/パリ、レッドクレー、
グランドスラム)で四大大会初の優勝。

同年の全米オープン(アメリカ/
ニューヨーク、ハード、
グランドスラム)でも準優勝を飾った。

その後は2012年10月
バレンシア・オープン
(スペイン/バレンシア、ハード、
ATP500)を最後に
32歳で現役を引退。

通算戦績は479勝262敗。

今年4月のバルセロナ・オープン・
バンコ・サバデル

自身が運営するアカデミーの生徒
でもあったP・カレノ=ブスタ
とペアを組んでダブルスに出場。
約5年ぶりにコートに復帰した。

引用:news.tennis365.net

今現在注目されていて、
勢いがあるドイツの
アレクサンダーズベレフ選手。

アレクサンダーズベレフ選手の家族は
テニス一家。
アレクサンダーズベレフ選手の父も
コーチとして彼を指導している。

今回の全米オープンで
まだ若き20歳の
アレクサンダーズベレフ選手が
J・C・フェレーロコーチの元、
どういう結果を残せるか?
がとても楽しみである。

Top photo from news.tennis365.net