喜田純鈴の新体操教室の場所はどこ?名前は?ロシアの監督についても

スポンサーリンク

喜田すみれ所属の新体操クラブ
の場所はどこ?名前は?
ロシアのコーチ!エレーナ・ネフェドワ
監督の出身や年齢と経歴についても!

2020年の東京オリンピックの
新体操強化選手として、
16歳の喜田純鈴が選ばれた。

東京オリンピックまであと3年。

それまでロシアでの長期合宿で
通訳もいない状況、そして、
エレーナ・ネフェドワ監督の
マンツーマン指導で鍛えられる
喜田純鈴選手。

16歳でありながら、
厳しい環境に身を置き、
オリンピックに向けて
ひたすら前に進む。

この喜田純鈴選手を
育てた新体操の監督と教室も気になる!

喜田純鈴所属!新体操教室の場所はどこ?名前は?

Photo from prcm.jp

喜田純鈴選手が新体操を始めたのは
4歳の時。

喜田純鈴選手が12年間所属している
香川県の新体操教室場所どこ!?
名前は??

その新体操教室の名前は
『エンジェルRGカガワ日中』

この新体操教室で監督を務めるのは
美人で有名な劉宇(リュウ ウ)監督。

1997年にこの新体操教室を
開講している。

喜田純鈴選手を輩出した
この新体操教室にぜひ通いたい!
という人もいるのではないだろうか。

このエンジェルRGカガワ日中
新体操教室は場所が5つある。

綾川教室・宇多津教室・丸亀教室
高松教室・岡山教室。

喜田純鈴選手の地元が香川県坂出市
なので、喜田純鈴選手が通っている教室
は宇多津教室か丸亀教室、
綾川教室のどれかだと思われる。

喜田純鈴選手の地元から一番近い
新体操教室は宇多津教室。

ただ、この場所が
宇多津町保健センターで、
テレビで喜田純鈴選手が放送された
大きい体育館がある場所かは疑問だ。

なので、地元から少しだけ離れていて
大きい体育館で練習ができる
丸亀教室か綾川教室が可能性が強い
のではないかと思われる。

喜田純鈴選手の地元から近い方は
丸亀教室。

丸亀新体操教室の場所は
『サンビレッジ土器』
住所は丸亀市川西町307

新体操教室の日時は
毎週土曜日の朝9時~10時半まで。

綾川新体操教室の場所は
『綾川総合運動公園』
住所は綾歌郡綾川町陶1536-1

新体操教室の日時は
毎週火曜日の18時~19時半まで。

もし、喜田純鈴選手のような指導を
受けたいと思われる方は!
『エンジェルRGカガワ日中』に
お近くであれば通ってみるのも
いいですね♪

喜田純鈴のロシアの監督!エレーナ・ネフェドワ

Photo from travelbook.co.jp

喜田純鈴選手ロシア監督
エレーナ・ネフェドワ監督とは?

喜田純鈴選手が新体操の
東京オリンピック選手として
送り込まれたロシア。

このロシアのモスクワ州ヒムキ市
ノボゴルスクトレーニングセンターで
喜田純鈴選手をマンツーマンで指導
している監督。

エレーナ・ネフェドワ監督。

この人物は一体どんな人物なのか!?

日本サイトでは情報がなかった為、
海外サイトにて調べてみました!

分かる限りの情報ですが、
皆さんに喜田純鈴選手のロシアでの
監督であり、コーチである!
エレーナ・ネフェドワについてご紹介♪

英語名:Elena Nefedova
英語での正式名称:
Elena Yurievna Nefedova

エレーナ・ネフェドワ監督の出身は
ロシアのモスクワ。

気になる年齢は??

今現在、エレーナ・ネフェドワ監督は
43歳。

エレーナ・ネフェドワ監督が
喜田純鈴選手に言っていた
『24時間美しくあれ』という言葉、
とても素敵だなぁと思います。

生年月日は1974年7月2日生まれ。

エレーナ・ネフェドワ監督の経歴は
体育の学位を取得した後、
1999年から2003年まで、
体操のスポーツ学校でトレーナーとして
指導。

その後、2003年以降は
ロシアの国際代表チームのコーチとして
指導にあたる。

エレーナ・ネフェドワ監督は
新体操国際部門の審査員でもある。

新体操選手で有名な
オルガ・カプラノワ選手や
ソン・ヨンジェ選手、
早川さくら選手も指導した。

このような経歴を持つ喜田純鈴選手の
ロシアの監督!エレーナ・ネフェドワ!

3年後の東京オリンピックに向けて、
喜田純鈴選手のロシアの監督!
エレーナ・ネフェドワ監督は
喜田純鈴選手をどのように育てるのか!?

喜田純鈴選手のこれからの成長が
とても楽しみである。

2020年の東京オリンピックへ向けて
喜田純鈴選手!

皆が応援しているので、
自分の力を精一杯出し切って、
東京オリンピックの演技に
挑んで下さい!

皆を魅了する演技を
皆に堂々と見せて。

2020年の東京オリンピックでの
喜田純鈴選手の新体操演技を
楽しみにしています♪

Top photo from www.sankei.com