西郷どん愛加那の別れの島唄!歌詞の意味は何?曲名も気になる!

スポンサーリンク

NHK大河ドラマ『西郷どん』
愛加那の別れの島唄!
歌詞の意味は何?曲名も気になる!

アロハ☆管理人トマト~です(^^)/♪

ドラマ『西郷どん』の21話。
ついに薩摩藩から戻って来るようにと
西郷吉之助の元にお達しが届きます。

ですが、愛加那との子供も生まれ
幸せな日々を奄美大島で過ごしている
西郷吉之助。

愛しい妻である愛加那と子供を
残して戻れないと、西郷吉之助は
奄美大島に残ることを決意。

でも薩摩藩にとって、そして
これからの日本や奄美大島にとって
西郷吉之助が薩摩藩に戻って使命を
果たさなければならないことを
感じていた愛加那。

お腹の中には西郷吉之助との
二人目の子供を宿していました。

そんな愛加那が西郷吉之助の為に
そしてこれからの日本の行く末の
為に西郷吉之助に薩摩藩に戻るよう
感情を押し殺して伝えました。

そこでこの『西郷どん』21話で
歌われるのが西郷吉之助と愛加那
や子供との別れの島唄。

ドラマ『西郷どん』で愛加那が
西郷吉之助を思いながら歌う
別れの島唄。

西郷どんの愛加那の別れの島唄の
歌詞の意味が気になる!
この別れの島唄の曲名は何!?

皆の気になるを♪
トマト~が調べてみました(*^^)v

西郷どん愛加那の別れの島唄!歌詞の意味は何?曲名も!

NHK大河ドラマ『西郷どん』で
愛加那が西郷吉之助の事を思いながら
歌う別れの島唄。

この歌詞の意味は何??
曲名も気になる!

西郷どんで愛加那が西郷吉之助の
事を思いながら歌う別れの島唄の
曲名は!

奄美大島の島唄『朝花節

この島唄は奄美大島で代表的な
島唄です。

この『朝花節』は26の歌詞が
あります。

その中で、西郷どんの愛加那の
別れの島唄として取り上げられる
であろう一部を大予想で!
皆様にご紹介!(^^)!

NHKドラマ『西郷どん』の曲が
収録されたアルバム詳細はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


朝花節の歌詞と意味

あい稀まれまれ 汝なきゃ拝うがで 今なま汝なきゃ拝むば にゃ何時いち頃拝むかい
意味:久しぶりにあなたとお会いしましたが、今度はいつまた会えるでしょうか。


いもしゃん人ちゅど 真実あらな 石原いしわら踏くみきち いもしゃん人ど真実あらな
意味:ここにいらして下さった人こそ真実のある人です。石原を踏み越え、こうしていらして下さったことこそ。

拝うがまらん人ちゅど 拝うがで知りゅり 命長むておれば 拝まらん人ど拝で知りゅり
意味:命長らえたからこそ、会ったことがない人にもこうやってお会いすることができます。

奄美の島唄『朝花節』には、
『一切朝花節』があります。


一切朝花節は短い歌詞を
テンポ良く唄う遊び唄。

一切朝花節の歌詞と意味


三味線なて抱かとり欲しゃんど 吾ぬが愛しゃる人に 三味線なて抱かとりぶしゃんど
意味:私の愛する人の三味線になってずっと抱かれていたい。


岬やとれどれど明日や舟出しじゃんが 岬やとれどれど
意味:明日は舟出しなので海は凪でありますように。

元気しうもれ達者しうもれ またの会う節迄 元気しうもれ達者しうもれい
意味:また会う時までお元気で達者でいて下さい。


NHH大河ドラマ『西郷どん』の
第21回西郷吉之助と愛加那の
回『別れの唄』。


この回の重要な役割である島唄の
別れの唄『朝花節』


こうやってここまで生きてこれたことで
あなたと出会うことができて本当に
良かった。

今度はいつあなたに会えるでしょうか。

一時もあなたと離れたくない。
いつもあなたの側にいたい。


明日はあなたの船出なので、
波が穏やかでありますように。
あなたのご無事をお祈りしています。
また会う日までどうかお元気で。


という、切ない唄。
ですが、この島唄の『朝花節』は
祝宴の時にも歌われるとのこと。

今回、きっと祝宴の時には
今回皆様にご紹介した歌詞ではなく、
他の歌詞の一部が歌われるのではと
思います。


だって、今回紹介させてもらった
島唄『朝花節』の歌詞の意味が
ものすご~く切ないですもん(*ノωノ)泣。

この別れの唄を歌われた時には、
胸がジーンと締め付けられる思いで、
その人とできることなら
ずっと一生一緒にいたい(:_;)


と思います( ノД`)


本日の西郷どん『別れの唄』を見て
追記しました!
別れの島唄の詳細はこちら↓↓↓↓

【追記2018/06/03】

今回、西郷どん『別れの唄』で
唄われた島唄の歌詞と意味は!

西郷吉之助が愛加那に
『必ずここにまた戻って来る!』
と言った時に愛加那が唄った島唄。

果報なくとぅ あらしたぼれ
(幸せなことがありますように。)

汝きゃが先々
(あなたの未来に)

果報なくとぅ あらしたぼれ
(幸せなことがありますように。)

西郷吉之助が小船で奄美を去る時に
皆が唄った別れの唄。

行きゅんにゃ加那
我きゃくと忘れて
行きゅんにゃ加那
うたちやうたちゃが
生き苦しゃ

(意味:行ってしまうのですか、
愛する人よ。私のことなど忘れて
行ってしまうのですか、愛する人よ。
発とう発とうとするけれど、
行き難いのです。)

戻てぃもれ 
お役目果たせば 戻てぃもれ
(意味:戻って来て下さい。
お役目を果たした時には
戻って来て下さい。)

妻子ぬ元ちゃ 戻てぃもれ
(意味:妻子の元に戻って来て下さい。)

これが西郷吉之助が奄美を
発ってしまう時に皆で唄った
別れの島唄です(*ノωノ)泣。

もう、西郷さん!
きっとまた戻って来て下さいよ。
愛しい愛加那と菊次郎と愛娘の元へ。

以上が♪
泣けに泣ける、西郷どんの
別れの島唄のご紹介でした!
曲名は『朝花節』でした!(^^)!

NHK大河ドラマ『西郷どん』の
別記事はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◆ ドラマ西郷どんの村田新八役のイケメン俳優は誰?名前や出演作も! 

◆ 西郷どん愛加那の手の入れ墨模様の意味は何?タトゥーの理由はなぜ? 

◆ 西郷どん!新オープニング曲島唄の言葉の意味は?標準語で何?歌詞も!

スポンサーリンク