ヴァニタスの手記【5巻】ネタバレ!あらすじの内容や漫画の感想は?

スポンサーリンク

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

マンガ『ヴァニタスの手記(カルテ)』
5巻のネタバレ!あらすじの内容や
漫画の感想は??

アロハ☆管理人トマト~です(^^)/♪

ヴァニタスの手記(カルテ)は
蒼月の吸血鬼にその名前と
『ヴァニタスの書』を受け継いだ
人間!ヴァニタスと吸血鬼ノエの
物語。

前巻では、吸血鬼を狩る人間
狩人のアジトへヴァニタスとノエ
が二人乗り込み、吸血鬼の連れ去り事件
の首謀者であるドクターモローの
元へ。

その途中で出会った狩人のローランと
激突するも、最後は協力し、
仲良くなったローランと吸血鬼のノエ。

そして、ノエがルスヴン卿から
『誓い』の印を付けられる。

そしてドミニクが出会った
義手でヴァニタスと同じ蒼い瞳を
持つ少年『ミハイル』。
この子の正体は!?

気になる漫画『ヴァニタスの手記』
5巻のネタバレやあらすじ内容と
感想をご紹介~(*´▽`*)♪

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

ヴァニタスの手記【5巻】ネタバレ!あらすじの内容

漫画ヴァニタスの手記(カルテ)5巻

Photo from ヴァニタスの手記5巻

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

漫画『ヴァニタスの手記(カルテ)』
5巻のネタバレやあらすじの内容は??

ヴァニタスの手記5巻のネタバレ!
あらすじの内容は、
『ジェヴォーダンの獣事件』で
幕を上げる。

『ジェヴォーダンの獣事件』とは、
18世紀のフランスのジェヴォーダン
地方で起こった事件。

100名以上の人間が惨殺される
事件が起こり、表向きには狼の仕業と
されたが、その犯人は吸血鬼であること
が分かった。

この事件を解決する為に、
歴史上初めて狩人と吸血鬼が
手を組んで解決にあたった事件。

でもその甲斐もなく、その犯人は
ある日突然姿を消し、その事件は
多くの謎を残したままになった。

この殺戮者である犯人
は巨大な狼に似ていて、
大きく歪んだ口と尖った耳、
鋭い爪を持ち、全身が紅い毛で
覆われ背中には複数の黒い筋が走って
いる獣だという。

この獣は『ジェヴォーダンの獣』
と呼ばれ、人々から恐れられた。

この『ジェヴォーダンの獣』の正体は
呪い持ちの吸血鬼だと考えられていた。

そのジェヴォーダンの獣が
また現れたという。

この呪い持ちの吸血鬼である
『ジェヴォーダンの獣』を救う為に
ノエとヴァニタスはジェヴォーダン
地方へ汽車で向かう。

ジェヴォーダン地方に着いた
ヴァニタスとノエ。

ジェヴォーダンの町人から、
『白銀の森』には恐ろしい魔女が
住んでいるから、その森には
近付かないほうがいいと忠告を受ける。

でもそれを聞いて行かないはずはない
ヴァニタスとノエ。

その森の中に入ると、
『白銀の森』と言われ所以、
白い雪がしんしんと降ってくる。

そしてそこに馬にまたがった
竜騎兵(ドラゴン)と呼ばれる人間
がやって来る。

そっと物陰に隠れ、聞いていたところ
自分達がまさかの『ジェヴォーダン獣事件』
があった18世紀の過去の時代にいる
ことが分かったヴァニタス。

そこで『ジェヴォーダンの獣』が
現われる。それは想像していたより
はるかに大きな獣だった!

ヴァニタスが敵に襲われ、
危機一髪のところになぜか
ジャンヌが突然現われて助けてくれる。

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

Photo from ヴァニタスの手記5巻

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

『ジェヴォーダンの獣』を退治する為に
やって来た『柘榴石(ざくろいし)
のアストルフォ』も参戦。

この狩人のアストルフォとは
一体誰??

そして、なぜ過去の時代に
ジャンヌもいるのか??

ジャンヌと『ジェヴォーダンの獣』
との関係は??

スポンサーリンク

ヴァニタスの手記【5巻】漫画の感想

Photo from ヴァニタスの手記5巻

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

漫画『ヴァニタスの手記(カルテ)』
5巻をトマト~が読んでみた感想は!?

ヴァニタスの手記(カルテ)5巻を
1回読んだだけでは、
よく分からなかったのでもう1回
読んでみました!

なぜか18世紀の時代にタイムスリップ
してしまったノエとヴァニタス。
そして、そこにまさかのジャンヌが
現れます。

次々と話の展開が進んでいく中、
トマト~が心に残ったのが、
ノエがヴァニタスの血が美味しそうで
たまらずヴァニタスに飲ませてくれる
よう頼もうとするところ。

そして、そのノエの頼みに対し、
ヴァニタスのその反応。

心にぎゅっとくるものがありました。

ワンシーンですね。

そして、このヴァニタスの手記5巻に
またもや狩人のローランが登場
するのですが、ローランと狩人の
オリヴィエのやりとりがほんと
面白いんです!

人間と吸血鬼についての歴史を
調べていたローランに、
オリヴィエは『なぜ今更そんなものを!』
と怒りながら尋ねる。

するとローランは、
『以前とは違う”何か”が見えるかも
しれないと思って。
私はね、吸血鬼のことをずっと完全なる
悪だと思っていた。

何も疑わなかった。
疑うという選択肢すらなかったんだ。
でも、そうではないと知った。
知ったんだ!

神の愛は!
祝福は!
吸血鬼にも等しく分け与えられていた!
素晴らしいことだと思わないかい?
オリヴィエ!』

こう語るローランにキレるオリヴィエ。

この後のローランとオリヴィエの
やりとりがほんと面白くて、
笑えます(笑)

ジェヴォーダンの白銀の森で
タイムスリップした18世紀にも
突如現れたシャルラタン。

なぜシャルラタンが現れたのか!?

そして、最後の最後にですね~( *´艸`)
ジャンヌとヴァニタスの関係が
一気に縮まる??

ジャンヌとヴァニタスのやりとりも
面白いし、ほんとドキドキします。
ジャンヌの強引さにも(笑)
この二人の関係も気になるところです!

ヴァニタスの手記5巻を無料で読む▼

スポンサーリンク